FC2ブログ
--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ママレードボーイがアニメ化したので見てました。

吉住渉先生の漫画は当時から人気、

普通のラブストーリーだったら、スルーしちゃうとこでしたが

松浦 遊くんが、なーんか気になるんですね。
影があるっていうか。


それで、ついつい見ちゃうんですね~~~

もちろん光貴も、もてます。

小石川光希は、ある日いきなり両親から笑顔で「私たち離婚することにしたの」と告げられる。突然の話に驚き慌てつつも何か怪しいと思った光希が問い質すと、ハワイ旅行に行った際に松浦夫婦に出会い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ち、ちょうどいいからお互いパートナーを交換してそれぞれ再婚し ようということになったと言うのだ。しかも相手側の松浦夫妻の息子も含めてみんなで一緒に暮らそうとまで言い出す始末。あまりに非常識な両親の言動に怒っ た光希は、その松浦夫婦との顔合わせの食事の際に何とか離婚を阻止しようとするが、結局食い止められず、新松浦夫婦と新小石川夫婦に、それぞれの子供であ る光希と遊を含めた6人の奇妙な同居生活が始まる。その後、なんだかんだ言いつつも徐々にその共同生活に馴染んでいく光希。そんな生活の中、一緒に暮らす 遊に惹かれ始めていく。

ママレード・ボーイのストーリー画像1

小石川光希は、小石川家の一人娘、中学からエスカレーターの私大の付属高校に通う高校2年生。

新学期に胸を脹らませる光希を待受けていたのは、突然の両親の離婚宣言だった。なんと両親が旅行先のハワイで出会った松浦という夫妻と意気投合、パパは松浦家の奥さんとママは松浦家のご主人と恋に落ちてしまい、互いのパートナーを交換して再婚するというのだ・・・

「断固阻止!」と意気込んで両親の顔合わせに乗り込んだ光希の前に現れたのは、やさしそうな松浦夫妻と光希と同じ高2の一人息子の遊。

「パパとママが離婚してどっちかと別れなきゃなんないなんてイヤ!」と泣く光希に4人の大人たちは平然と答える。「私たち広い家を借りて6人で一緒に住もうと思ってるの・・・」

ほんっとに信じられないと思ううちに事態はどんどん進み、2家族6人の生活が始まった。あろう事か光希のクラスに遊が編入、ブツブツ言いながらも光希はそんな状況を受け入れていく。

ママレード・ボーイのストーリー画像1

小石川光希は、小石川家の一人娘、中学からエスカレーターの私大の付属高校に通う高校2年生。

新学期に胸を脹らませる光希を待受けていたのは、突然の両親の離婚宣言だった。なんと両親が旅行先のハワイで出会った松浦という夫妻と意気投合、パパは松浦家の奥さんとママは松浦家のご主人と恋に落ちてしまい、互いのパートナーを交換して再婚するというのだ・・・

「断固阻止!」と意気込んで両親の顔合わせに乗り込んだ光希の前に現れたのは、やさしそうな松浦夫妻と光希と同じ高2の一人息子の遊。

「パパとママが離婚してどっちかと別れなきゃなんないなんてイヤ!」と泣く光希に4人の大人たちは平然と答える。「私たち広い家を借りて6人で一緒に住もうと思ってるの・・・」

ほんっとに信じられないと思ううちに事態はどんどん進み、2家族6人の生活が始まった。あろう事か光希のクラスに遊が編入、ブツブツ言いながらも光希はそんな状況を受け入れていく。



ママレード・ボーイ』(Marmalade Boy)は、吉住渉による漫画作品。集英社少女漫画誌「りぼん」に連載され、テレビアニメ化、劇場アニメ化されたほか、台湾で実写のテレビドラマ化もされている。単行本全8巻、完全版全6巻。全編に渡ってトレンディドラマが繰り広げられる。

Cocohana』(集英社)2013年5月号より、本作の13年後を舞台に、光希と遊の両親たちに新たに生まれた妹と弟を主人公とした続編「ママレード・ボーイ little(リトル)」が連載開始されることが発表された[1]


アニメは東映動画制作で、朝日放送(ABC)・テレビ朝日(当時ANB)系(フルネット局)で1994年3月13日から1995年9月3日まで放送されたほか、系列外ではテレビ岩手日本テレビ系列)、チューリップテレビ山陰放送(いずれもTBS系列、後者はスポンサードネット)、クロスネット局ではテレビ宮崎フジテレビ系列(メイン)・日本テレビ系列(NNNのみ)との3系列クロス)で時差ネット放送された。全76話。

同アニメ枠はそれまで多彩なジャンルのアニメ作品を発表していたが、本作からはそれまでサブで参加していた関弘美が初めて初回からメインで担当した。以降関プロデューサーは10年間、同枠のメインプロデューサーとして女児向けの作品を担当していくことになる。

その特徴の一つとして本作からアイキャッチの時間が長くなったことが挙げられる。

アニメオリジナルキャラの登場やアニメオリジナルストーリーもあった。当初は1年間の放送予定だったが、好評により放送期間が半年延長された。なお、最終回の放送日は、原作の最終回が掲載された「りぼん」1995年10月号の発売日にほぼ合わせたものだった。

本作は対象年齢が女児向けアニメとしては高めで、プロデューサーの関弘美によると『美少女戦士セーラームーン』の「卒業生」狙いだったとしている。ただ、実際にはスポンサーの関係上、年少者向けの関連商品も一部発売されていた。



(有)なでしこ産業
岐阜市曽我屋1606
058-234-0050
http://www.nadeshiko-shop.com/




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。