FC2ブログ
--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.01.18:38
赤毛のアン
世界名作アニメ劇場 ず~~~っとすきで見てます。

赤毛のアン、は実家にも小説があります。
古い小説だから、かなり難しい表現があります。

赤毛のアン、アンはダイアナにであって、よかったですよ。
あのままいくと、空想の世界にいったまま、かえってこなくなっちゃうかもです。

赤毛のアンのOPがスキです。
♪聞こえるかしら、ひずめのおと、ゆるやかな丘をぬって、駆けてくる馬車~♪

想像力ゆたかっです、アンの心はいつも、創造まるけです。




赤毛のアン』(あかげのアン、: Anne of Green Gables グリーンゲイブルズのアン)は、カナダ作家L・M・モンゴメリ1908年に発表した長編小説。特に児童を対象に書かれた作品ではないが、この数十年は児童文学とみなされている。グリーンゲイブルズはアンが住むことになるカスバート家の屋号。「グリーンゲイブルズ」は直訳すると、「緑の切妻屋根」という意味になる。


モンゴメリは新聞記事で読んだ、「男の子と間違えて女の子を引き取った夫婦の話」に着想を得て、この作品を書いた。彼女はプリンス・エドワード島の 田舎で育った自身の少女時代も作品に投影した。孤児院暮らしだったアン・シャーリーが、11歳でアヴォンリーのカスバート家に引き取られてからクィーン学 院を卒業するまでの少女時代5年間を描いた『赤毛のアン』は人気作となり、モンゴメリーはアンを主人公とする続編や周辺人物にまつわる作品を多数著してい る。モンゴメリーはイヴリン・ネスビット英語版の写真を雑誌から切り取り、書き物机の上に貼り、主人公アン・シャーリーのモデルにした。

第1作『赤毛のアン』ほか、シリーズ全作には、ウィリアム・シェイクスピアやイギリス、アメリカの、『聖書』の句が多数引用され、原典を知っている人なら、感嘆させられる。『赤毛のアン』を読んだマーク・トウェインはモンゴメリに、1908年10月3日付けで「the dearest and most moving and most delightful child since the immortal Alice」(直訳すると「かの不滅のアリス以来最も可愛らしく、最も感動的で最も利発な子」)と絶賛の手紙を送った。これはその後のアンの宣伝コピーとして使われることになった。




(有)なでしこ産業
岐阜市曽我屋1606
058-234-0050
http://www.nadeshiko-shop.com/


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。