FC2ブログ
探し物あるときはやかんさまに鉢巻を巻いてお願いすると聞いたので私も早速やってみた。

この前実家に帰省したときにはうろ覚えで、「今探しものないから、いいや」と


心の中で思っていたのがいけなかったんでしょうか。うちにかえってから、気が付くと、、、、


「ない!大事な免許証がないいい~~~~~」

殆ど自分は補佐役で、運転はしないようにしてるため、 いつ、免許証を使用したかも思い出せず、


「絶対!この場所にある!」と信じていた2箇所になくて裏切られ、、、、がっくり。。。


さらには大事な伝票やら、水筒のふたやら、なくて困るもの続出!

なんで気が付かなかったんだ、あのとき何に鉢巻まくっていってたっけ????

ずうううう~~~っと考えていた、野菜に巻くだったかな、。 ふくろうに巻くだったかな。、、、

すると母から携帯に電話、 「どうしたんだろ?何の用事かな?」と思ったら、

姪っ子がずっと母の家にお泊りしているのですが、

シュシュがないと騒いでた、それが私の方のかばんに帰省のときに入ってなかったかと、、どうでもいい電話でしたが、、、
やっぱり探し物の話だ、なんか縁があるんだー

チャンス!とばかりに聞いた、

「あのさあ、あれからなくしたものがなくてずーっとコマってるんだけど、何に鉢巻をまくといいんだっけ?」

と聞いたら、やかんだよ、と返答。

「やかんさまやかんさまなくしたものが見つかりますように」と

鉢巻をつけてお願いします。一回につき1願いまで。

見つかったら 「やかんさまやかんさまありがとうございます」 と感謝をする。

さらに次の探し物あれば、同じように繰り返す。

というものでした。今日朝、やかんさまにお願いしました。

頼む、ヒントをちょーだいーーー
それからもう一回探したところをふと整頓していたら、見つかりました~

やかんさま、ありがとございます~~~~



(有)なでしこ産業
岐阜市曽我屋1606
058-234-0050
http://www.nadeshiko-shop.com/




「おやかんさま」の驚愕の能力については、上州赤城の山麓、午津にある古い寺での出来事が文献に著された最初だといわれます。

大正の代も終わり頃、「栄冠寺」と呼ばれたその寺の住職が、人から預かった大事な「茶つぼ」をどうした訳かどこかに仕舞い込んで、そのありかを忘れてしまいました。

先は代々世話になっているお得意さまの大店です。信頼して預けてくれていたとても高価な品を無くしたとあっては一大事。
住職は見習いの小坊主まで動員して、寺中の捜索にあたらせました。
しかしどんなにシラミつぶしに探してもみつかりません。

折悪く「法事」が近付き、持ち主が訪ねてくるまでにはなんとしてでも探し出さねばならなくなりました。

小心者の住職は焦りのあまり柱の角に頭をぶつけて寝込んでしまいます。
莫大なお布施がなくなってしまうかも知れないとあって寺中が大騒ぎになってしまいました。

と、ひとりの見習い小坊主がそれを見兼ねて妙なことを言い出しました。

「おやかんさまに頼んでみるべ」

小坊主はちいさな薬缶を土間の炊き場にもちこんで、火のないかまどに据えると、住職の耳もとで小さく何ごとか呟きます。
住職はそれを聞いてひどく怒りましたが、今はもう藁にも縋りたい心持ちでしたから背に腹はかえられません。寺から一番近い宿屋の女将「お花さん」のところへ、その小僧を向かわせました。

果たして、一刻あまりもたったころ、小僧さんがひらひらする長いものを持ってもどってきました。
住職や小坊主達が固唾を飲んで見守るなか、小僧は薬缶の把っ手になんだかうっとりする香りをはなつ長いひもを結わえつけます。

「おやかんさま。おやかんさま。大事な大事な預かり物がみつかりません。どうか和尚さんがどこへ仕舞い込んだのか教えてください」

そう言って、把っ手をこするようにヒモをひっぱります。
何度も何度も小僧は同じ文句を唱え続けました。

「これでええ。すぐにみつかるべ」

小僧の言葉に半信半疑の住職でしたが、他に施す手もないので、床に戻って伏せてしまいます。と、心労が祟ってか、しばらくおとなしかった「痛風」がでて、もう泣きっ面に蜂とはこのことかと涙を流しました。

呼ばれた小僧さんが、慌てて床の間にあった薬箱を持ってきました。
と、なんという事でしょう。このところ「痛風」もおさまっていて用のなかった薬箱の中に、紫紐で結わえた上品な小箱がおさまっていたのです。
探していた「なつめ」に間違いありませんでした。

住職は恥ずかしいやら嬉しいやら痛いやらで、泣き笑い。
小僧さんは薬缶に何度もお礼を言って、結んでいたヒモを外しました。

「この腰ヒモ、かえさなくていいってお花さんに言われたけんど、どうすべ?」

住職も、ほかのお坊さんも、その腰ヒモに向かって手を合わせ、ありがたい宝物として、やかんとともに、お蔵の奥に大切に仕舞い込んだという話しです。



http://www002.upp.so-net.ne.jp/Taka4/Pages/bonno/yakanpw.html
関連記事
スポンサーサイト




管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://gentoku.blog6.fc2.com/tb.php/1102-a22d3816