thm

アリアンはレギオンを慕っているはずなんです。ここまでは、、
だんだん女性らしさがなくなっていくと、久しぶりの再開もさらっとしてゆきます。
少女まんがだよね??
ファンタジーだけど、ホラー色も強い、少女まんがです。
男性にも読みやすいから、人気。

実は初版の表紙カバーシリーズはこちら。
こっちのほうが、なんかスキでした。ソリルの村で、たくましい女戦士たちに、
しごかれるアリアンロッド。

DSCN1005

ソリルの村で、ヘンルーダの失くしたサークレットを探していたアリアンは、妖精界でレギオンと再会する。バラーの血で支配されたヘンルーダは、アリアンの真実の名を聞くが…!? 一方バラーは、義父であるカメロンを襲撃! 支配を繰り返すバラーの真の目的とは…??




クリスタル・ドラゴン(vol.6)(秋田文庫)

クリスタル・ドラゴン(vol.6)

『クリスタル☆ドラゴン』は、あしべゆうほによる日本の漫画作品。ケルト神話、北欧神話の神々が登場する、壮大な歴史、冒険ファンタジー漫画。秋田 書店の『ボニータ』で、1981年創刊号より連載開始。その後『ミステリーボニータ』に移籍。2010年現在、『悪魔の花嫁』連載中の為、休載中。 エリンの島(現アイルランド)には、金髪碧眼のケルト人が住んでいた。

“緑の原の一族”で、ただ1人、黒髪で生まれたアリアンロッドは、妖精の取替えっ子として忌み嫌われて育った。 幼いある日の海岸で、銀髪、銀色の目、銀の鎖帷子を付けたレギオンと名乗る戦士に、黄水晶で出来たサークレットと真実の名を貰う。真実の名とは、その人間 の本質であり、真実の名を知る者には支配されると言われ、みだりに口に出してはいけないものだという。


それを聞いた、村の賢者(ドルイド)ドリスコルは、アリアンロッドを“伝説の者”ではないかと思い、ドルイド(魔法使い)の弟子とする。 数年後、魔の谷と呼ばれる“深淵の一族”の邪眼のバラーに襲われ、村が全滅してしまう。バラーへの仇討ちを願い、風の精の王パラルダの助言に従い、助け手 を求めてアリアンロッドは旅に出る決心をする。 途中で出会った賢者達(ドルイド)に「古き砦に闇が巣食う時、杖なき魔法使い(ドルイド)が現れる。杖なき者は魔法を持たず、闇は嵐を呼ぶだろう。杖なき 魔法使いは杖を求め、天と地との境、水晶宮への道をたどる」という古詩を教えられる。半信半疑ながら、自分の杖を探し出し、やがては世界を闇に変えようと するバラーを倒す使命を全うすべく、様々な困難を越えていく。




信長の武将米.岐阜米のなでしこ産業
岐阜市曽我屋1606
058-234-0050
http://www.nadeshiko-shop.com/