FC2ブログ
--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.11.08.18:42

薔薇のジョゼフィーヌ4巻


とっても奔放な女性として池田理代子先生の「栄光のナポレオン」のなかでは描かれていたんですけど、
ジョセフィーヌの少女時代のことはあまり描かれていなかったので、ちょっと楽しみ。
歴史の少女まんがはどんどん増えてほしいですね。



少女時代、占い師に「最初の結婚は不幸になるが、そのあとで女王以上の存在になる」と言われたことがある。

あれ?いま何巻だっけ?しばらく本屋さんに続巻を探したけどなくて、、
このまえいった、本屋でやっと完結の4巻めが、みつかりましたよ~~~
薔薇の 

いや、うれしいわ。 いがらし先生の描くジョセフィーヌは、とてもかわいらしい、

すぐに「ぐすぐす」泣いちゃうし、かわいそうよ~っていうセリフいうし、

子供みたいに愛らしく描かれている。
池田理代子先生の描く 栄光のナポレオン、を先に買って読んだことあるけど、

こちらは、かなりやりての女性としてジョセフィーヌが描かれている。


どっちもこれはこれで、いいか、

薔薇の 「キャンディ・キャンディ」で知られるいがらしゆみこ先生の漫画作品『薔薇のジョセフィーヌ』(落合薫原作)の連載が少女マンガ誌「プリンセスGOLD」(秋田書店)2011年9月16日発売の10月号で始まりました。
「薔薇のジョゼフィーヌ」は、ナポレオンの最初の妻でフランス皇后のジョゼフィーヌ・ド・ボアルネがフランス革命時代の中、激動の波に翻弄されながら生きた生涯を全く新しい視点から描いた大河ロマン作品です。

薔薇のジョゼフィーヌ』(ばらのジョゼフィーヌ)は、原作落合薫  作画いがらしゆみこ による日本漫画 作品。

プリンセスGOLD 』(秋田書店 )にて、2011年 10月号より連載


ジョゼフィーヌはカリブ海 にあるマルチニーク島 に生まれ、妹のカトリーヌとフランソワーズ、母親違いの弟アガトと共に幸福な毎日を送っていた。両親は生活には不自由なかったが貧乏貴族であったため、娘たちの縁談を考え始めていた。そして、ある日カトリーヌに縁談の話が来る。しかし重い結核を患っていたカトリーヌは、縁談を受ける間も無く亡くなってしまう。悲しみに明け暮れるボアルネ一家であったが、南国の自然や陽気な人々により明るさを取り戻す。そして、ジョゼフィーヌが16歳になった時、今度はジョゼフィーヌに縁談の話を受ける。両親は快く了承し、ジョゼフィーヌは弟アガト共にパリへと向かうのであった。




 信長の武将米.岐阜米のなでしこ産業
岐阜市曽我屋1606
058-234-0050
http://www.nadeshiko-shop.com/   


関連記事
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://gentoku.blog6.fc2.com/tb.php/3017-7e77d995
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。